格安スマホ 格安スマホ(その他)

JCOMモバイルの端末保証は不要?噂のモバイル保険ってなに?

格安スマホって、端末の保証に入るかどうか悩みますよね。

そもそも端末自体が安いものが多いですし、端末保証で毎月のお金を支払うとなると、スマホが壊れなかったら損した気がしちゃうのは、私だけじゃないはずです笑

しかしながら、
保証に入らないでいざ壊れたとなると、、、元々の端末代がいくら安いと言っても何万円とお金がかかることだってあるので、それも怖いですよね。

特に子供用のスマホなんかだと、落としてすぐ壊しそうですし、、

余談ですけど、うちの子は何を思ったのか、ポッケにスマホいれたまま海に入って、水没させましたよ笑

それはともかくですが、

例えば、「1契約分の料金で、ご家族全員分のスマホが保証される端末保証」があったらどうでしょう。

実は、JCOMモバイルで公式に案内している端末保証は、「Android用の保証」と「iPhone用の保証」である2種類しかありません。

しかしそれ以外にも、詳しい人だけが知っている

「プロの保険会社さんが提供しているモバイル用の保険」も加入することができ、その保証サービスは、JCOMで提供している保証サービスよりも圧倒的に優れているんです。

この記事では、JCOMモバイルを利用している方が加入できる

  • 安心端末保証48
  • AppleCare+ for iPhone
  • モバイル保険

という、3つの端末保証サービスを紹介します。

結論から言って、「モバイル保険」が圧倒的におすすめになってくるわけですが、どうしてそう言い切れるのか、保証サービスを比較しながら分かりやすく解説していきます。

JCOMモバイルを利用中の方も、JCOMモバイルをこれから利用される方も、ぜひ参考にしてくださいね。

JCOMモバイルユーザーが加入できる保証サービス

まずは、以下の表をご覧ください。

 安心端末保証48AppleCare+
for iPhone
モバイル保険
月額料金550円403円~770円700円
対象端末AndroidのみiPhoneのみAndroid
iPhone
無線機器全般
端末台数1台1台3台まで
補償可能範囲破損、全損、水没
盗難、紛失
破損、全損、水没破損、全損、水没
盗難、故障
自己負担金1回目5,500円
2回目8,800円
3回目~19,800円
画面割れ3,740円
その他12,980円
0円
補償金額本体代まで本体代まで最大10万円まで
加入条件端末購入時端末購入から30日以内端末購入から1年以内

JCOMモバイルの方は、

  • 安心端末保証48
  • AppleCare+ for iPhone
  • モバイル保険

という、3つの端末保証サービスから選んで加入できます。

しかし、保証サービスごとに対象端末(OS)が決まっていますので、

  • Androidユーザーは、「安心端末保証48」か「モバイル保険」
  • iPhoneユーザーは「AppleCare+ for iPhone」か「モバイル保険」

それぞれのどちらかに加入することになります。

Androidを利用する場合

「安心端末保証48」の概要

Androidユーザーが加入できる、「安心端末保証48」から見てみましょう。

「安心端末保証48」に加入していれば、端末の故障・破損・水濡れなど、修理ではカバーしきれないトラブルが起きた際に、自己負担金額を減らした価格で機器交換を行うことができるようになります。

 右記2機種以外LG Wine SmartGalaxy A20
1回目5,500円1,320円1,100円
2回目8,800円2,200円1,100円
3回目21,780円5,500円3,960円

※交換で貰える端末は、対象機器と同一機種および同一色のものとなります。ただし、対象機種と同一機種または同一色の機器が製造中止等の理由により調達困難な場合には、対象機器と同等かそれ以上の機能を有するJ:COMが判断する機種または色の交換機とする場合があるようです。

  • 月額は550円

「安心端末保証48」のサポート対象機種

サポート対象機種は限定的で、以下の機種に限ります。これ以外の機種に関しては「安心端末保証48」のサポート対象外となっています。

LG Wine Smart(LGS01) / LG X screen(LGS02) / LG G Pad 8.0 Ⅲ(LGT02) / SHARP AQUOS L2 / HUAWEI P10 lite / HUAWEI P20 lite / arrows M03 / HUAWEI MediaPad T5 / BASIO3 / Galaxy A30 / Galaxy Tab A / BASIO4 / Galaxy A21 /Galaxy A20 / AQUOS sense3 / AQUOS sense5G

※iPhoneは対象外です。

「安心端末保証48」の端末紛失時のサポート

端末紛失時は、J:COMにご連絡いただくことで以下のサポートを受けることができます。

遠隔画面ロック端末内のデータを容易に見られないよう、遠隔操作で画面をロックします。
遠隔データ消去端末が見つからなかった場合に備え、遠隔操作でデータ消去(初期化)をおこない、情報流出を防ぎます。
位置情報取得GPSや基地局からの電波をもとに紛失した端末の位置情報を取得します。

※専用アプリのインストールが必要です。
※ネットワークに接続されていない端末は上記サービス提供不可です。

「安心端末保証48」と「モバイル保険」の比較

 安心端末保証48モバイル保険
月額料金550円700円
対象端末Androidのみ
(対象機種の指定あり)
Android
iPhone
無線機器全般
端末台数1台3台まで
補償可能範囲破損、全損、水没
盗難、紛失
破損、全損、水没
盗難、故障
自己負担金1回目5,500円
2回目8,800円
3回目~19,800円
0円
補償金額本体代まで最大10万円まで
加入条件端末購入時端末購入から1年以内

月額料金はJCOMの「安心端末保証48」の方が若干安いですね。

しかし、スマホだけじゃなく、
無線機器全般に対応しており、いろんな端末が保証対象になっているため、保証内で「Bluetoothイヤホン」や「ゲーム機」などもサポートしてくれる優れものなんです。

しかも、
自己負担金額がありませんから、修理を行うごとにモバイル保険の方が安くなってくる訳です。

iPhoneを利用する場合

AppleCare+ for iPhoneの概要

「AppleCare+ for iPhone」に加入していれば、以下の7つのサービス、テクニカルサポートを受けることができます。

1.Appleの専任スペシャリストへのチャットまたは電話によるダイレクトアクセス
2.ピックアップ&デリバリー修理、または持ち込み修理
3.エクスプレス交換サービス
4.iPhone 本体、バッテリー、付属のイヤフォンとアクセサリのハードウェア製品保証
5.過失や事故による損傷に対する修理などのサービス(最大2回まで。1回につき、画面の損傷は3,400円(税込3,740円)、そのほかの損傷は11,800円(税込12,980円)のサービス料がかかります)
6.iOS、iCloud、Apple純正 iPhone アプリケーションのソフトウェアサポート
7.ワイヤレスネットワークへの接続

  • 月額は端末によって、403円~770円
iPhone SE(第2世代)403円
iPhone 7678円
iPhone 12770円

iPhone SE/iPhone 7を複数台購入で「AppleCare+ for iPhone」希望の場合、台数分の購入が必要です。一部端末のみで購入希望の場合は、お客さまご自身でApple Store でお手続きいただきます。

【AppleCare+ for iPhoneについて】
・ 本サービスは、J:COMが「AppleCare+」の購入をAppleに取り次ぐものです。お客さまには、Appleから直接提供されます。
・ 本サービスは請求開始から24回払いとなり、お申し込み翌日からご利用可能です。
・ 「AppleCare+」のご購入は、対象端末のご購入と同時の場合のみ可能です。ただし対象端末のご購入から30日以内であれば、お客さまご自身で直営店のApple Store での購入が可能です。 
・ 「AppleCare+」、「J:COM MOBILE Aプラン」のいずれかを解約された場合、解約月の月額使用料分までのご請求となります。日割り計算でのご請求はありません。

「AppleCare+ for iPhone」と「モバイル保険」の比較

 AppleCare+ for iPhoneモバイル保険
月額料金403円(iPhone SE)
678円(iPhone 7)
770円(iPhone 12)
700円
対象端末iPhoneのみAndroid
iPhone
無線機器全般
端末台数1台3台まで
補償可能範囲破損、全損、水没破損、全損、水没
盗難、故障
自己負担金画面割れ3,740円
その他12,980円
0円
補償金額本体代まで最大10万円まで
加入条件端末購入から30日以内端末購入から1年以内

月額料金は、機種によっては「AppleCare+ for iPhone」の方が若干安いですね。

しかし、「AppleCare+ for iPhone」の場合、盗難時や普通の故障時はサポート対象外ですので、満額で自己負担することになってしまいます。

モバイル保険ならサポート範囲も広いですし、1契約700円だけで、ご家族皆さんのスマホ3台をサポートすることができるんです。

モバイル保険の概要とおススメ

改めて「モバイル保険」とは

モバイル保険は、携帯キャリアが提供するスマホ保証ではなく、「保険会社が提供する」本物のスマホ保証です。

保証範囲も広く、料金も安いので本当にオススメです。

オススメポイントが非常に多く紹介するのが大変ですが、3点に絞ってお伝えしたいと思います。

モバイル保険の3つのメリット

モバイル保険の何よりも大きなメリットは、以下の3つだと思います。

  • 1契約で3端末まで補償可能
  • スマホだけじゃなくモバイル端末全般が対象
  • 通信キャリアを乗り換えてもそのまま使える

一つずつ簡単に解説していきましょう。

1契約で3端末まで補償可能

モバイル保険では1契約で3端末まで補償可能になります。

主端末1台、副端末2台の合計3台といった内訳になっており、主端末と副端末では補償内容は異なりますが、正直十分な補償内容だと思います。

家族3人でスマホが3台、保証も3契約していた場合、保証だけで1500円以上のお金をかけている訳ですから、もったいないですよね。

モバイル保険なら、1契約で自分のスマホのついでにご家族のスマホまで補償してくれることになりますので、とても便利ですね。

スマホだけじゃなくモバイル端末全般が対象

モバイル保険では、被保険者の所有する「無線通信端末」を補償してくれます。

つまり、スマホだけじゃなく日本国内で販売されているメーカー純正の無線通信(Wi-Fi、Bluetooth)が可能な端末が全て補償対象になります。

例を挙げますと、
・スマホ
・タブレット
・パソコン
・ワイヤレスイヤホン
・ゲーム機
などなど、本当に様々な機器が対象となります。

補償対象がスマホだけではなく、ワイヤレスイヤホンまで対象なのはとても魅力的ですよね。

最近ではイヤホンはワイヤレスが主流ですし、周りの方でも多いですよね。

モバイル保険は上述通り、1契約で3端末まで補償可能ですので、スマホとパソコンとイヤホンなど、自分ひとり分だけで使ってもいいかもしれませんね。

通信キャリアを乗り換えてもそのまま使える

モバイル保険では通信キャリアを乗り換えてもそのままの契約で使うことができます。

例えばJCOMモバイルを利用中にモバイル保険へ加入し、UQモバイルへ乗り換えたとしましょう。

端末をそのまま使うのであれば、モバイル保険は解約せずにメールアドレスの変更などを行うだけで継続して利用することができます。

1.端末を購入してから1年未満
2.1年以上であっても有償の補償サービスに加入していて補償が受けられる状態

どちらか該当すれば加入することができますので、スマホの保証サービスを検討している方はほとんどの方が加入できるかと思います。

モバイル保険の2つのデメリット

年間最大10万円の保証額は3台の合計

モバイル保険では年間最大10万円まで補償してくれますが、これは主端末、副端末で修理可能な金額を年間で合わせたときの上限額です。

例えば、主端末を「スマホ」、副端末を「タブレット」と「イヤホン」に設定した際、

スマホで年間上限額の10万円分を保障してもらってしまうと、副端末である「タブレット」や「イヤホン」は保障してもらえなくなってしまう、ということです。

例えば、12万円を超える機種を利用している場合、1万円の自己負担金で12万円の機種に交換してくれるのなら、11万円分の保障額になってきます。

まあ実際は、そんなに高額な機種を使っている方も少ないと思いますが、、、

主端末と副端末で最大補償額が異なる

実は、主端末1台と副端末2台では、補償金額が異なってきます。

 修理上限額
主端末最大100,000円
副端末最大30,000円

ですので、
3台の端末を登録する際には、一番単価の高い端末を主端末に設定するといいと思います。

ちなみに私は、モバイルノートパソコンを主端末に設定し、格安スマホ2台を副端末に設定しています。

修理不能、盗難時の保証額は若干落ちる

 修理不能、盗難時
主端末最大25,000円
副端末最大7,500円

修理不能、盗難時の額が若干落ちますが、

スマホの盗難被害に遭う方は少ないでしょうし、修理が不能なほどに粉砕した(壊れた)状態のスマホを修理して使用するか、という話しにもなってきますので、個人的にはそこまで気にすることではないと思っています。

結論

  • JCOMモバイルには、「モバイル保険」がおすすめ

JCOMモバイルは月額料金が大変安いので、これから加入を検討されている方、既に使っている方も多いと思います。

しかしながら、端末保証のサービスについては、保険会社が提供する「モバイル保険」がおすすめと言わざるを得ません。

最後に簡単に情報をまとめますと、

  • 月額はほとんど同じ
  • モバイル保険なら、端末3台まで対象
  • モバイル保険なら、スマホ以外も対象
  • モバイル保険なら、SIMを乗換えても継続可能
  • モバイル保険なら、自然の故障でも対象

と、保証サービスとしては他社を圧倒するスペックをもっています。

今、スマホのプロが最も選んでいる保証サービスで、これから必ず話題になってくると思います。

JCOMモバイルの端末保証は「モバイル保険」で対策しましょう。

モバイル保険の公式ページへ

-格安スマホ, 格安スマホ(その他)

© 2021 d-blog